読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホテル清掃日誌

清掃会社の人間が日々思ったことを書いています

メイドの給与体系

 しばらく忙しくしていたので更新が滞りました。

 さて、今回はホテル清掃の客室清掃スタッフ(メイド)の賃金形態について書いてみたいと思います。この業界のメイドの賃金形態は大きく分けて2種類あります。

 ①時給制

 ②歩合制

 まず①の時給制ですが、これは一般のアルバイト・パートと同様で、例えば時給1,000円なら「勤務時間×1,000円=給与」となる形です。働いた時間分だけ給料がもらえるので非常にわかりやすいと思います。

 ただ、ここで注意が必要になってくるのですが、求人広告では「時給○○円」と謳っていてもそれを額面通り受け止めてはいけないということです。というのは、会社や現場によっては一人が一日に清掃する部屋数が「ノルマ」として設定されており、決められた時間までにその「ノルマ」をこなすことができないとそれ以降はタダ働きをさせられるということもあります。もちろんこれは明らかな労働基準法違反ですが、サラリーマンのサービス残業と同じくこの業界ではこのような違反が横行しています。

 私の会社では「ノルマ」の設定はやっていませんが、これをやる清掃会社の気持ちも分からないでもないです。ホテルからもらう清掃単価は1部屋清掃していくらという計算なので、メイドの給与が時給制の場合は1部屋の清掃に時間がかかればかかるほど会社の利益は少なくなり、下手すると部屋を多く清掃すればするほど赤字になるということにもなります。そうなるとメイドには少しでも早く清掃をしてもらわなければなりませんので、「ノルマ」を設定し、赤字にならないようにするために設定した時間内で終わらなければサービス残業をさせるというやり方になっているのでしょう。

 次に②の歩合制ですが、部屋の広さや設備などによって1部屋清掃するごとにメイドがもらえる金額が決められていて、1日に清掃した部屋数×その金額で給料を計算する方式です。このやり方ならば上記の時給制のようにメイドの清掃が遅くても部屋単位で考えた場合は赤字になりません(その他の経費があるので全体では赤字になることもあります)。

 数をこなせばその分だけ給料が多くなるので、出稼ぎ目的の外国人メイドなどにはこのシステムが好まれますが、清掃の遅い人は歩合制だと給料が少なくなってしまい、場合によっては時給で計算した場合の最低賃金に満たない場合もあります。それを防ぐために「ノルマ数までは時給でそれ以上の数を清掃すると歩合」とか、「1日の最低保証額が決まっている」といった形にしているところが多いです。ただ、この方式でも最低保証額は実働時間に関係なく一定時間分の最低賃金で設定されており、ノルマを終わらせるのにそれ以上時間がかっても給与は変わらず時給計算では最低賃金未満の給料しかもらえないというところもあります。これも完全に違法ですが、残念ながら当たり前のように存在しています。

 ちなみに、上記のような労基法上の問題を堂々と無視するために、メイドを個人事業主として扱い、個々のメイドと業務請負契約を結ぶという形にしているところもあると聞いたことがありますが、会社の指揮下で業務を行うことになるので偽装請負に当たり、これも違法です。

 他にも労基法入管法などに違反したことをやっている清掃業者は多数ありますが、ほとんどのホテルの方はこういう違法な状態が横行していることに関しては基本的に見て見ぬふりをします。世の中そんなものです。

 清掃業界に関係のない方には縁のない話かもしれませんが、きれいなホテルの部屋に安く泊まれて快適に過ごせるということは、こういうブラック企業で働く人達の犠牲の上に成り立っているということを知っておいていただけたらと思います。

 もちろんちゃんと関連法規を遵守して真面目にやっている会社もありますが、私の経験上はそんなホワイトな会社は一握りだけです。